心くすぐるゲームを紹介

#14 雨降って地固まる

Pocket
LINEで送る

第三章のシナリオについて語ろうと思います。
第二章でアニエス(風の巫女)をかばってオリビア(水の巫女)が死んでしまいました。
それからアニエスの態度が変わり、
自分のせいでオリビアを死なせてしまったと・・・
自分がクリスタルの解放をしなければならないと・・・クリスタル解放に執着するようになります。

ティズやイデア、リングアベルにも冷たい態度になってしまいました。
特にイデアには公国元帥の娘だと知り、事あるごとにイデアに冷たく当たるようになります。

盾派と剣派そして黒鉄乃刃

第三章ではグランシップという海に浮かんだ豪華客船のような街に到着します。
そして酒場の女将さんに【ラッツ】を呼んできて欲しいと頼まれ、ラッツを迎えにいきます。
このラッツが盾派幹部の一人だったのです。

ラッツと出会い、エイゼンベルグで盾派を助けて欲しいと頼まれます。
ティズ、イデア、リングアベルはラッツの言葉に耳を傾けるのですが、
アニエスはクリスタル解放を優先し、戦争に加担する時間はないと断固反対しました。

まぁ目の前でオリビアを殺され、使命感に囚われる気持ちはわかります。

とりあえず盾派司令官ダニエル・グッドマンという人物に会いにいきます。この人が盾派リーダーですね!!

盾派と剣派は元々火の巫女を守るため協力してエイゼンベルグを守ってきたのですが、数年前から剣派が政権を手にしようと盾派に戦争を仕掛けます。
数が少ない剣派がなぜ戦争を仕掛けたのか、それはエタルニア公国第一師団黒鉄乃刃が味方についたからです。
そして、黒鉄乃刃の団長こそイデアの師匠【剣聖カミイズミ】でした。

四人の部下

この【剣聖カミイズミ】にはキャプテン・バルバロッサ、プリン・ア・ラ・モード、薬師カダ、女忍者キキョウの四人の部下がいます。
その中でも薬師カダと女忍者キキョウがこの戦争を大きくした原因を作ったと言っても過言ではありません。

カナリヤ少年とエギルを救出

火の巫女が死んで、カッカ火山が噴火し火の神殿へのルートが閉ざされてしまいました。
盾派が必死にルートを探すも見つかりません。同じく剣派・黒鉄乃刃も探すことができません。

黒鉄乃刃は戦争で使う武器や防具を作るためにミスリル鉱山で子供を誘拐し働かせます。
この少年たちのことを【カナリヤ少年】と呼んでました。
その少年の中にエギルという男の子がいます。

盾派司令官ダニエル・グッドマンにカナリア少年たちを救出して欲しいとお願いされます。
アニエスは救出よりもクリスタル解放が優先だと言いましたが、ティズがどうしても助けてあげたいとアニエスを説得します。
そしてミスリル鉱山へ救出に向かいました。

ミスリル鉱山内で黒鉄乃刃兵と戦いながら少年たちを無事救出することができたのですが、
エギルだけ剣派の本拠地シュタルクフォートに連れて行かれます。

エギルを救出するために本拠地シュタルクフォートに向かうのですが、やはりアニエスは納得いっていませんでした。

シュタルクフォートでのエギル救出は成功し、盾派の街に連れて行ったのですが、
エギルは夢で火の巫女様に火の神殿へ風の巫女の案内を頼まれたとティズたちに話します。

ティズは危険なところにエギルを連れて行くわけには行かないと断固反対します。
エギルを残し、火の神殿へ向かうのですが、途中黒鉄乃刃に襲われるエギルを助けます。

雨降って地固まる

エギルが自分だけが火の神殿への行き方を知っていると言い同行しようとしますが、ティズが断固反対します。

その理由はエギルが自分の弟と重なり、目の前で弟が大穴に飲み込まれるのを助けれなかったと、だから危険な所に連れて行くわけには行かないと告白します。

アニエスが「では一人で街に帰らすのですか」とティズに詰め寄り、
ティズは「街に送り届けて火の神殿へ向かう」と反論します。
黒鉄乃刃が先に神殿へのルートを発見したらどうするのかと二人口論になりました。
ティズが目の前で弟を助けられず、水の巫女も助けられず、もう犠牲者を出したくないんだと!!
誰も傷つけたくないんだと皆に告白しました。

その時リングアベルがティズに「アニエスのクリスタル解放はどうして止めないのかと、アニエスの旅も危険じゃないか」と
ティズは「その時は僕が守る」と言い、リングアベルが「もう答えは出てるじゃないか」と。
そうです。たとえ危険なことが起きようと皆で守ればいいじゃないということですね!!!

地底火山洞を経て火の神殿へ繋がるのですが、その道中火山で地震が起こりエギルが溶岩の中に落ちそうになるのをティズが助けますが、
手を掴むのが精一杯で引きあげることができません。
アニエスは助けに行こうとしますが、エアリーがクリスタル解放を優先するようアニエスに詰め寄ります。

アニエスはエアリーの静止を振り切り、ティズとエギルを救出に向かいます。
リングアベルやイデア、アニエスの協力で二人とも助かりました。

ティズの行動を見て、自分がクリスタル解放に執着し、皆に辛くあたっていたことを謝ります。
リングアベルが大人な対応で皆が笑いに包まれました。

今までなんとなくギクシャクした感じが一気に解放された感じでしたね。
まさに雨降って地固まるですね!!

#15では剣聖カミイズミとイデアの関係について語りたいと思います。

Pocket
LINEで送る

トップへ戻る