心くすぐるゲームを紹介

#22 悟空伝

Pocket
LINEで送る

今回紹介する心くすぐるゲームは【ドラゴンボール3 悟空伝】です。
1989年にバンダイから発売されました。

孫悟空の少年期から青年期までの世界が収録されたゲームです。

システム

マップモードでカードにある星の数だけ進んでいくスゴロクみたいな感じですね。
マップにははてなマークやドクロマーク、巻物などがあります。

バトル

バトルは手持ちのカードを使って進めて行きます。
星の数が攻撃力、漢数字が防御力ですね。
ターン毎にカードを一つ選んで、星の数が多い方が攻撃をするシステムです。
カードの中心に【拳・蹴・体・武・連・必】があり、これが攻撃パターンになります。

必は必殺技を出せるカードで、ジャン拳や残像拳、カメハメ波などを繰り出せます。
敵との駆け引きなので当時は斬新なバトルシステムでした。

敵に勝つと経験値が入りステータスが上がるRPGでもありますね。

バトルシーンがコマ送りのように表現されて漫画をみているような感覚になってました。

アドベンチャーモード

ストーリーは会話したり移動したり項目を選択しながら進んでいくアドベンチャーモードです。
僕はほぼ原作通りに進めてた記憶があります。

セーブはパスワード

セーブはパスワードで毎回紙に書き出してました。
ただ、当時の文字はドットで分かりにくい文字があって何度も間違えてました。
なのでその前のパスワードを入力して前のセーブポイントから進める事が多かったですw

アラレちゃん登場!!!

漫画でも登場するのですが、悟空伝でもアラレちゃんが登場します。
そしてアラレちゃんと対戦ができるのです!!!

悟空がピッコロ大魔王を倒し、次の天下一武道会でピッコロの子供マジュニアと対戦します。
そして勝ってエンディングなのですが、その後なんとアラレちゃんとバトルができるのです。

このアラレちゃんが最強だと僕は思います。
普通に攻撃しても全然勝てません!!!
超カメハメ波を何発かしてやっと勝てました。

ニンテンドークラシックミニファミコンで出来る

子供の時以来していませんが、今やっても斬新でハマりそうな気がします。
ゲーム内容も上手く作り込まれていて、さすがバンダイだなと思いました。

なんとニンテンドークラシックミニファミコン週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョンでできます!!
子供の頃を思い出し、もう一度やってみようかと思います!!

Pocket
LINEで送る

トップへ戻る