心くすぐるゲームを紹介

#32 biohazard 0

Pocket
LINEで送る

今回紹介する心くすぐるゲームは【biohazard 0】です。

今回紹介するゲームは【biohazard 0】です。
バイオシリーズは友達がしてるのを見るぐらいだったのですが、
自分でプレイしたのは1ではなく0からです。

プレステ時代をした事ないので、プレイヤーを動かすのは全然難しくなかったです。
当時はラジコンみたいな動きで、友達も壁にガンガン当たりながら進んでましたねw

とりあえず絵図らがグロい

当時の画質でも絵図らがグロいイメージがありましたが、
僕はプレステ4でリマスターされた物なので、よりゾンビがグロかったです。

夜中にするもんじゃない

主人公は新米隊員のレベッカです。ショートカットの可愛らしい女性です。
途中でビリーという逃走犯と一緒に行動する事になります。
プレイ中どちらを操作するか切り替えられるシステムでした。

謎解きも交互に動かすので一緒に行動するのは少なかったですね。

これはみなさん多分このシリーズで一番驚かされたのではないかと思いますが、
厨房に入って何か取りに行く時に、横のロッカーからいきなりゾンビが出てきた時はマジでびっくりしました。
っていうかコントローラー落としましたw

あれはいかんでしょうw
しかも夜中にしていたので余計に怖かったです。
後にも先にもあれが一番怖かったですね。

アイテムに悩みました

持てるアイテム数が決まっているのですが、
この時はどれを持って行くかめちゃくちゃ悩みました。
回復剤も数多く持つと途中で必須アイテムを持てなくなるし、かと言って持ってないとゾンビに殺される。
なので僕は地図を見ながらとりあえず行ける所を片っ端から調べました。

インクリボンが足りない

ロールプレイング感覚でガンガンセーブしてたらインクリボンが足りなくなりました・・・。
癖で新しい部屋とか何かアイテムをゲットする度にセーブしまくってたのでそのツケが来ました。
インクリボンは計画的にw

やっぱショットガンさまさま

ショットガンは最強ですね。とはいえ弾数がそんなにないので大体ラスボスに使いますが、
やはり威力が半端ないので案外楽に倒せました。

丁度いい恐怖感と操作性

僕自身あまりグロテスクなゲームは控えてきたのですが、
biohazard0は丁度いい恐怖感と操作性で面白かったです。

YouTubeで実況を見たりするのですが、今のバイオはちょっと僕にはハードルが高いですねw

ただ、やってみたら案外ハマりそうなので、機会があればやってみたいと思います。

Pocket
LINEで送る

トップへ戻る