心くすぐるゲームを紹介

#74 ドラゴンクエストVIII vol.08

Pocket
LINEで送る

キラーパンサーに乗ってベルガラックへ到着!!
いや〜快適ですね〜
これで道中のモンスターを蹴散らせたらもっといいのになぁっとちょっと思ってしまいましたw

カジノがあるじゃないですか〜♪
カジノといえば・・・過去のドラクエシリーズでも景品を獲得すべくめちゃめちゃ苦労したなぁ
では早速覗いてみようっと

ん??
扉が開かない・・・??
そうか!!
まだ夜じゃないからか

とりあえず、街の人たちにドルマゲスの情報収集をしよう。
ベルガラックはギャリングという人が統治している事がわかりました。
そのギャリングが何者かによって大きな傷を負い、カジノが休業している事もわかりました。

あ〜なるほど・・・
だからカジノに入れなかったのか。
その後ギャリングには二人の子供がいる事も分かったのですが、それ以外の情報は得られませんでした。

仕方ない、宿屋で泊まりますかな。
泊まる前に宿屋を探索しよう。
銀行もあるし、地下もあるし、なかなか大きな宿屋ですね!!
階段から2階へ上がった時に何やら話が聞こえてきました。

ギャリングは深傷をおっているのではなく、実は殺されてしまったらしい。
しかも、怪しい道化師がギャリング邸に入っていったと。
ん??道化師??
・・・ドルマゲスじゃないか!!!!!

話をしていた酒場のマスターに話を聞き、ギャリングの子供たちが道化師を追って北にある遺跡に向かったらしいと。
よし!!!北の遺跡に向かわなければ!!!
船に乗り、北の遺跡に出航だ!!!

到着し、奥に進むとドルマゲスが!!!!
遺跡の入り口が禍々しい光に包まれ、その中にドルマゲスが入っていきました。
後を追って中に入ったのですが、真っ暗で先に進む事ができませんでした。

と、入り口前に兵士の姿が!!
話を聞くと、禍々しい光を取り除くには魔法の鏡が必要みたいです。
そして、その魔法の鏡はサザンビーク城にあるとの事です。

仕方ない・・・その魔法の鏡を求めていざサザンビーク城へ!!!
待ってろよドルマゲス!!!
という事で、次回はサザンビーク城でお会いしましょう。

to be continued・・・

Pocket
LINEで送る

トップへ戻る