心くすぐるゲームを紹介

#75 ドラゴンクエストVIII vol.08

Pocket
LINEで送る

魔法の鏡を求めて、いざサザンビーク城へ!!!
一旦ラパンハウスへルーラで移動して、あとは道なりに進んだらありました。

城の中へ入ると大きな城下町で奥に城があります。
そう言えば、サザンビーク城の王子とミーティア姫は許婚。
そうか!!!
許婚の王子に会えるのか。
どんな王子なのか・・・

まぁとりあえず王様に会いにいこう。
王座の間へ進むとクラビウス王が鎮座していました。
魔法の鏡の話をしたのですが、国宝であるために断られてしまいました・・・。
・・・ですが。

ある条件を満たしてくれれば考えてもいいとの事。
なんと!!!
その条件というのは、チャゴス王子の護衛でした。

なんでもこのお城は王になるために儀式を行わなくてはならないそうです。
ではそのチャゴス王子に会いに行こう。
・・・・いない・・・

儀式が怖くて部屋に閉じこもっているらしい・・・
王様がこの条件を突きつけたのがよくわかりましたw
トーポに協力してもらってなんとかチャゴス王子を部屋から出す事ができました。

チャゴス王子・・・怖がりだけなら許せるけど、めちゃめちゃ偉そうにしている。
まぁ王子だから偉いんだけど、なんか腹立ちますね!!
しかし、魔法の鏡の為だ。
いざ、王家の山へ!!!

チャゴス王子の試練は、王家の山でアルゴリザードからアルゴンハートという宝石を持ち帰れば終了です。
ただ、アルゴリザードは人間の匂いがするとすぐ逃げてしまうそうです。
なので、山へ入る前にトカゲのエキスという粉を振りかけいざ出発!!!

程なくしてアルゴリザード発見!!!
後ろからそっと近づいてバトル開始。
チャゴス王子も戦闘に加わりますが・・・すぐ逃げてしまった・・・。
【なんだコイツ!!!】
と思いながらも魔法の鏡の為だと言い聞かせてバトルしてました。

バトルに勝利し、アルゴンハートを手にしたのですが、小さくて気に入らないそうです。
【なんだコイツ!!! パート2】
と思いながらチャゴス王子が納得するまでアルゴリザードとバトルバトルの繰り返し。

そして、チャゴス王子は「疲れたから休みたい」と言い出しました。
【なんだコイツ!!! パート3】
仕方なく一夜を過ごすことに。

物音で目覚めるとミーティア姫にまたがっているチャゴス王子が!!!
さすがのトロデ王もブチギレ。
やりたい放題のチャゴス王子。
【なんだコイツ!!! パート4】

その時、ヤンガスがとんでもなくデカいアルゴリザードを発見!!!
確かにデカい。
今までのアルゴリザードとは桁違いに強かったですが、なんとか倒しアルゴンハートGET!!!
やっとチャゴス王子のわがままを聞かなくてすみそうですw

城へ帰ると年に一度のバザーが開催中でした。
チャゴス王子・・・バザーへまっしぐら・・・アルゴンハートどうするんだい??
とりあえず王子を探そう。
と王子発見!!!・・・なんか怪しい商人と話をしているみたいだ。
嬉しそうに王子がこっちに来る。

手には特大のアルゴンハートを持っている。
怪しい商人から買ったらしい・・・苦労して獲得したアルゴンハートはどうすんだい??
「そのアルゴンハートはいらないからお前にくれてやる」
・・・【なんだコイツ!!! パート5】
もうどうでもいいや・・・魔法の鏡が手に入るなら・・・

しかし、チャゴス王子が商人から買っている光景をクラビウス王は見ていました。

そして、商人から買った特大アルゴンハートをクラビウス王に見せるチャゴス王子。
全てを知っているクラビウス王は「自分が戦って得たものだと神に誓えるか」とチャゴス王子に何度も問い詰めました。
チャゴス王子はクラビウス王が見ていたとも知らず「もちろんです」と答えました。
・・・最後まで嘘をつきましたね・・・

結局チャゴス王子を認めたのですが、寂しそうに窓の方へとぼとぼと歩いていくクラビウス王。
クラビウス王が不憫に感じたので、一応事情を説明しました。
すぐ逃げ出したけど一応戦ったことを。
そしてアルゴンハートを手に入れていたことを話して手渡しました。

「ならば素直にこれを差し出せばよいものを・・・未熟者めが。大きさなどワシは気にせんのに」
こんなクラビウス王の気持ちも知らずチャゴス王子ときたら・・・
まぁとはいえクラビす王の条件は果たしたので魔法の鏡を手に入れました。

手に入れるまで長かったなー
これで遺跡に入る事ができるだろう!!
待ってろよドルマゲス!!!
という事で、次回はいよいよドルマゲス戦か!!!

to be continued・・・

Pocket
LINEで送る

トップへ戻る