心くすぐるゲームを紹介

#79 ドラゴンクエストVIII vol.12

Pocket
LINEで送る

さぁ光の海図を開いてみよう。
すると、地図上に光の筋が!!!!
この光を辿って船を進めよう・・・ん??
岸壁で行き止まり!!!!
と思ってたら岸壁をすり抜けました。

そして、南国風の島へ到着。
上陸したら巨大な鳥の影が通り過ぎて行きました。
地図を頼りに向かった先にレティシアという村がありました。

レティスの実態はこの世界ではない別の世界にあり、この世界では影しか見えないそうです。
最近はレティスがやたら飛び回るせいで魔物が暴れたり狩の獲物が減ったり大迷惑だそうです。

長老に詳しく話を聞くと重要なことを教えてくれました。
・伝説によればレティスはこの世界と異世界を行き来する力を持っている
・それはレティスのみが持つことを許された特別な力
・かつて異世界の邪悪な存在がこの世界を狙って二つの世界をつなぐ巨大な門を生み出し
・レティスはこの企みを阻止するため異世界へと旅立った
・そして自らの力を振り絞り開かれた門を閉ざした
・しかし力を使いすぎて影だけをこの世界に残したままついに異世界から戻らなかった
・力は完全に失われたわけではなく稀にあの影が異世界への破れ目を作るという話もある
・破れ目に入ると異世界に迷い込んでしまう

なかなかの情報でした。
村を出て左の方の大きな草原にある【レティスの止まり木】と呼ばれる大岩のところによく出るそうなので行ってみよう。
止まり木に着くと大きな影が現れました。
その影を追いかけた先にはにやらうずが出現しました。

と、中に入るとそこはモノクロの世界・・・これが異世界なのでしょうか。
モンスターも木々も全てモノクロ。
この世界にもレティシアの村が存在しました。
闇のレティシア・・・これがこの村の名前だそうです。

この世界のレティシアは神鳥レティスと崇める者という意味だそうですが、レティスは今はアホウ鳥などと呼ばれて嫌われていました。以前は人間と交友関係にあったらしいのですが、突然村を襲ってきたそうです。
長老に話を聞き、レティスの真意を聞いてほしいと依頼されました。

レティスの止まり木に行ってみるといきなり襲ってきました。
なかなかの強敵でしたがなんとか勝利しました。
戦闘が終わるとレティスに『力を試すため』と言われました。
いきなりすぎますw

レティスの話を聞くと、レティスの巣にある卵が暗黒神の配下である妖魔ゲモンという奴に人質にされ『卵を救いたければ人間の村を襲え』と脅されてるようです。
なんともよくある話ですね。
自分の代わりにゲモンと戦い、卵を取り返してほしいとの事なのでいざゲモン退治へ!!!

ゲモンはさほど強敵ではありませんでしたが、死に際にレティスの卵と共に自爆しました。
卵が粉々になり、レティスが絶望にくれてしましたが何と赤ちゃんの魂は残りました。
神鳥の魂として僕たちの力になり、空を飛べるようになりました。

これで飛んで行ったレオパルドを追いかけられます。
世界を飛び回っていると、パルミド近くにまだ行ったことのない場所を発見しました。
その先に村があり、入るとモンスターがウロウロと。
この村のモンスターたちは人間を襲ったりはしないそうです。
なので、トロデ王もお腕を振って街を歩けますねw

住人に話を聞きながらチェルスが以前住んでいたようです。
チェルスの死をラジュというエルフの少女に話すと暗黒神の復活を阻止してほしいとお願いされました。
そして大呪術師クーパスが遺した宝物庫の宝を開放してくれました。

この暗黒大集の葉が地図上に現れた禍々しき存在の場所を示してくれました。
この禍々しき存在がレオパルオですね。

地図を頼りに向かった先はサヴェッラ大聖堂。
中に入ると突然の黒犬の化け物登場に人々が怯えていました。
その化け物が向かった先は法皇の館。
法皇様が危ない!!!

法皇の館に到着し、2階に上がると法皇様は無事でしたが衛兵たちがやられていました。
そしてレオパルドのとの対決!!
レオパルドを撃破し法皇様の救出に成功しました。
そこにニノ大司教とマルチェロが到着。
そしてニノ大司教は早く来なかったマルチェロに対し貴様は降格だと罵倒します。

しかし、マルチェロの方が一枚上手でした。
『野犬を雇い法皇様を暗殺し自ら次期法皇の座を狙ったいたのだろう』と。
そしてマルチェロが部下に煉獄島へ流刑にしろと。
えっ・・・僕たちもですか・・・

ニノ大司教と共に捕まってしまいました。
という事で今回はここまで。

次回はいよいよ暗黒神ラプソーンとの対決か!!!
to be continued・・・

Pocket
LINEで送る

トップへ戻る